産婦人科の看護師の給料のこと…聞きたい、気になる!

産婦人科の看護師の給料って、どのぐらいなのか気になりますか?
仕事先を探すうえで、けっこう大きな要素を占めるお給料。
産婦人科で働くとき、お給料ってどれくらい?
お給料アップする方法はある?
といったあなたの疑問に対して、
私の経験から、総合病院とクリニックのお給料事情をお話します。

産婦人科 看護師の給料、総合病院の場合

産婦人科 看護師の給料について、
総合病院は、募集要項に基本給、手当など
明確に表示されているので、わかりやすいですよね。
基本給は年齢、勤務年数、経験年数、
保有資格などにより、違いが出ます。
特に公立の病院では、年齢と共に基本給があがっていきます。
その他、資格手当、夜勤手当、交通費、時間外手当などの
諸手当が付きます。

各病院での規定があるので、
お給料は他科とそれほど大きい差はないと思います。

産婦人科は、分娩がいつ来るかわからなかったり、
分娩が立て込んでいたり、急な帝王切開が入ったりと、
勤務時間外の仕事が必要になることもあります。
その結果、時間外手当によって、その月のお給料は多少前後します。

募集要項に出ている給料見本は、新卒1年目でつくられていることが多いので、
既卒看護師の場合は、事前の確認が必要ですね。

産婦人科 看護師の給料、クリニックの場合

産婦人科の看護師の給料をクリニックと総合病院で比較すると、
基本給ではクリニックの方が低いところが多いようです。

一方で、諸手当が総合病院より高く設定されています。
緊急時呼び出し手当手術手当など、
クリニック独自の手当があることもあります。

「夜勤手当」に、総合病院との差があるようです。

ですので、検討しているクリニックが入院施設があるのか、ないのか、
入院施設のあるクリニックであれば、夜勤を月何回くらい入るかで、
月のお給料に差がでてきます。

また、クリニックのお給料は、そのクリニック独自で定められており、
それぞれのクリニックで差があり、
はっきりと明示されていない場合もあります。

お給料は仕事の意欲を左右することもある、大切な部分です。
気になるところは、事前に確認して、
スッキリさせておくことをオススメします。

私が、クリニックでの勤務を検討していた時、
お給料に関して、より詳しく聞きたいけど、どのように聞いたらいいかわからなくて
困っていた時、看護師求人サイトの担当者に相談して、協力してもらいました。
そのおかげで、お給料にも納得して勤務先を決めることができました。

産婦人科 看護師の給料と、学歴・資格の関係は?

産婦人科 看護師の給料と、学歴との関係。

大学、大学院を卒業した看護師と、専門学校卒の看護師とでは、
大学、大学院卒の看護師の方が、基本給が高い病院がほとんどです。
その差は、大体数千円から一万円くらいです。

また、
関連する資格を取り、現場で活かしていくと、
給料アップにつながるケースもあるようです。

産婦人科で活かされる資格としては、
マタニティビクス、
マタニティヨガ、
母乳関連、
ベビーマッサージ、
新生児蘇生

といった資格が多いようですね。

特に、マタニティビクス、マタニティヨガ、ベビーマッサージなどは、
お母さん方の要望も高く、人気があります。

産婦人科での仕事を考えているあなたは、
事前にこのような資格を持っておくことも、
自分の「ウリ」になって、
お給料面でも、周囲を一歩リードできるかもしれません!

産婦人科 看護師の…給料とはちょっと違うけど

産婦人科 看護師の給料についてお話してきましたが、
福利厚生も、ちょっと気になりますよね。
ほんとに病院によってさまざまですね。
総合病院などは、お給料だけでなく福利厚生も
ホームページにアップしているところもありますね。
ホテルが使えたり、フィットネスクラブが使えたり、
看護師寮、院内保育所、スポーツイベントの開催などなど。

私が勤めていた病院では、地元の特産品を、
年2回、互助会から頂きました。
友人は、人気テーマパークに行くことができたそうです。

続いては、普段のお給料ではなく退職金制度。

仕事を始める前に、辞める時の話なんて…
と、思われるかもしれませんが、
退職金が支給されるには、勤務年数などの条件がある場合があります。
そもそも退職金制度がない!というところもあります。

友人の看護師が、退職金制度がないということを、退職時に知ったそうです。
退職金を使って、次へのステップにしようと考えていただけに、
とてもショックを受けていました。

「仕事を始める前に、きちんと確認しておけばよかった・・・」
彼女の言葉から、私も事前に確認しました。

…さて、ここまで産婦人科のお給料についてお話ししました。

産婦人科の病院、クリニックはたくさんありますので、
ここにあげていることがすべてではなく、
看護師のお給料には地域差などもあるかと思います。

お給料がよくなると、自由になるお金が増えます。
自由になったお金で、自分のスキルアップにつなげたり、
ほしいものを買ったり、旅行に行ったり・・・
生活にも、心にも余裕が出て、充実感につながります。
それが、また、仕事が楽しくなり、今まで以上のやりがいにつながりますよね。
看護師求人サイトのコンサルタントに、お給料に関する希望を伝えてみましょう。
自分の仕事量に見合うお給料の産婦人科 求人が、きっと見つかるでしょう!

Copyright(c) 産婦人科 看護師の求人 - 仕事内容・給料・やりがい・役割など All Rights Reserved.