産婦人科 看護師の志望動機を見てみよう

産婦人科の看護師が志望動機をもったきっかけ。
いろいろありますが、みなさんが持つ産婦人科のイメージがそのまま志望動機につながるようです。
私が産婦人科を選んだ理由も含めて、産婦人科の看護師の志望動機について少し見てみましょう。

産婦人科 看護師の志望動機…私がここを選んだワケ

産婦人科 看護師の志望動機について、まず私のお話をしましょう。
私は、看護学生のころから、働くなら産婦人科!と思っていました。
小さなころから、漠然と、
妊娠、出産、家族に興味、憧れのような感覚があったのです。
また、赤ちゃんや年下の子供のお世話がスキな子供でしたね。

看護学生になってからは、母性の授業に夢中になりました。
妊娠すると、こんなに体が変化するんだ、
お産ってこんなことが起こるんだ、母乳が出る仕組みってすごい!
自分自身の体のことでもあったので、
どんどん産婦人科にのめりこんでいきました。


私は、そこで、産婦人科で働く!と決意し、
志望動機を固めました。

しかし産婦人科実習では、お産に立ち会い、
その緊迫感に立ち尽くしてしまいます。
産後のお母さんのケアで、わからないことばかかりで、
お母さんに迷惑をかけてしまい、
やっぱりムリかもしれない・・・と、心が折れたこともあったのですが、
やっぱり産婦人科に勤めたいという思いを支えてくれる、さまざまな出会いがあり、
志望動機はそのまま変わらず、産婦人科で仕事をするに至っています。

産婦人科 看護師の志望動機…「おめでとうございます」がたくさん言える仕事

産婦人科の看護師の志望動機には、幸せな場面に
立ち会えるから・・・といったものもあったりします。
看護師の仕事は、「人の死に直面すること」が多い仕事です。

産婦人科看護師は、生命誕生の瞬間に立ち会います。
これは、他の診療科では、味わうことのない感動の時間です。
他の診療科と比べて、「おめでとうございます」
が、多く飛び交うところです。
患者さんも、私たちも笑顔が生まれやすい分野であると思っています。

こういったところに、産婦人科で働く魅力を感じ、
志望動機にあげられることもあります。

産婦人科 看護師の志望動機…健康な人が相手の仕事

産婦人科の看護師を選ぶ志望動機として
「健康な人が相手だから」というのもあります。

産婦人科で入院中のお母さんや赤ちゃんは、
基本的に、健康体です。
もちろん、合併症を持つ妊産婦さんもいらっしゃいますので
一概には言えませんが、
産婦人科クリニックでは特に、その傾向が強いです。
産まれてくる赤ちゃんも基本は正常新生児。

健康な方の看護ができる分野は限られています。
看護師が何かをするわけでなく、
指導、支援といった形の援助は、結果がすぐに出るわけではないので、
本当にこの援助が適切だったのか、と迷ったり、難しいと思うところでもあるのですが、
健康な人の支援をすることが、希望だったという同僚がいました。

その視点を知った時、私は、産婦人科での仕事の新しい魅力に気づきました。

産婦人科 看護師の志望動機…自分の出産がきっかけで

産婦人科の看護師になった志望動機として忘れてはならないのが、これ。
自分の出産がきっかけで、看護師、助産師を
目指したという話を、耳にすることもあります。

出産は、人生を左右するほど女性にとって、
とても大きなターニングポイントになる
出来事ということですね。


産後のお母さんは、少なからず、
子育ての不安、退院後の生活の不安を持っています。

育児経験者の看護師さんは、自分も通ってきた道。
目の前で悩んでいる、
お母さんの心が手に取るようにわかるでしょう。

だからこそ、
よりお母さんの心に寄り添ったケアができるでしょう。
産後のお母さんにとっても、「私もそうだったよ」の一言で、
とても安心すると思います。

子育てしながら、仕事を持つことは
大変なことなのだと思いますが、
その経験が生きてきますし、
実体験を聞きたいという、お母さんのニーズもあるのです。
自分自身の、妊娠、出産、子育て体験は、本当に強みですね。

志望動機、誰かに伝えられますか?

産婦人科を目指す看護師の志望動機は、
生命誕生に関わりたい、自分や家族の
出産体験から、赤ちゃんに関わりたいなど、
本当に人それぞれ、十人十色です。
今までの出会い、経験の中で、出てくる思いですから。

どうして自分は産婦人科を希望するのかという
明確な志望動機と理由を整理しておきましょう。

志望動機は、履歴書や面接などで、
必ず聞かれる大切なポイントです。

しかし、志望動機を採用担当者に
伝えるのは、なかなか難しいものです。
そんな時は、看護師の転職サイトに登録してみるのも一つの手段です。

専任のコンサルタントが、
志望動機や理由に対してもフォローしてくれますので、
自分の志望動機を自信を持って、話せるようになります。
産婦人科への転職を成功するための
架け橋になってくれるはずです。

Copyright(c) 産婦人科 看護師の求人 - 仕事内容・給料・やりがい・役割など All Rights Reserved.