産婦人科の看護師の仕事内容は、特殊なの?

産婦人科 看護師の仕事内容はちょっと違う、特殊だと思われているようです。
産婦人科=助産師といった、イメージが強いのでしょうか?
看護師の仕事、役割がよくわからないという声を聞いたことがあります。

経験を積む中で、見えてきた産婦人科での看護、
産婦人科 看護師の仕事内容についてみていきます。
婦人科での看護は、一般的な診療科とよく似ているため、
ここでは、「産科での看護」として考えていきたいと思います。

産婦人科 看護師の仕事内容で大きなウェイトを占めるもの

産婦人科の看護師の仕事内容で
大きな部分を占めている要素とは、なんでしょう?

産科に入院している患者さんは、
産後のお母さんと赤ちゃんがほとんどです。
妊娠や出産は、基本的には、生理的なものなので、
身体のどこかに不便が生じてはいません。

ですから、清拭、入浴介助、食事介助、排せつ介助といった
日常生活援助を必要とする方は、ほとんどおられません。
ここが、産婦人科が他の診療科と大きく違うところです。

産婦人科 看護師の仕事内容で大きなウェイトを
占めるもの、それは、保健指導なのです。
退院後、自信を持って、赤ちゃんに
関わることができるよう、知識、知恵、技術を伝えていきます。

初めてのお母さん(初産婦さん)の場合、
「赤ちゃんに触れることが初めて」ということも少なくありません。
初産婦さんにとっては、すべてが初めての中で、赤ちゃんとの生活のイメージをつけていきます。

2人目、3人目のお母さん(経産婦さん)であっても、
「上の子と年が離れているから」とか、「上の子と違う」といった理由で、戸惑うこともあります。

産後のお母さんと赤ちゃんの入院期間は、大体4~5日、長くても1週間前後です。
その限られた時間で、さまざまなことを身につけて退院する必要があります。
赤ちゃんに触れること、抱っこすること、オムツを替えること、授乳すること、沐浴すること…

これらを一緒にやってみたり、お母さんがやるのを見守ってみたり
お母さんのペースにあわせて、指導することが必要な仕事内容になります。

育児技術だけではありません。
赤ちゃんの体のこと、お母さんの体のこと、室温は?
衣類は何枚?必要な育児用品は?受診のタイミングは?
といったお母さんの疑問が解決できるよう、説明する必要があります。

私たちとしては、自宅に帰ってから困らないようにと思うと、
あれも、これも伝えてきたいという思いもありますが、
お母さんの体力、技術、体調、心の状態、赤ちゃんの性格等によって、
個々のお母さんに合った目標を設定しています。

もちろん、お母さんだけではなく、家族みんなが育児に困らないために、
お父さん、おじいちゃん、おばあちゃんに育児指導することもあります。

産婦人科 看護師の仕事内容…産後の不安を支える

産婦人科の看護師が仕事内容として
一番大事だと思っていることは、これじゃないでしょうか。

お産でどんなに疲れていても、
傷が痛くても、授乳で夜間眠れていなくても、
どんな状況でも、お母さんは、一生懸命に
赤ちゃんをお世話し、可愛がってくれます。

それなのに、赤ちゃんがなかなか
泣きやんでくれない時もあります。

どんなに一生懸命にお世話をしても、
赤ちゃんが泣きやんでくれない・・・


こんな時、お母さんは、赤ちゃんから拒否されている、とか、
母親失格だと思い、とても悲しくなり、
涙があふれてくるときがあります。

産後は、ホルモンのバランスが大きく変化するときなので、
とても落ち込みやすいのです。

夜中のラウンド時、
赤ちゃんの泣き声が聞こえる部屋に入ってみると、
泣き続ける赤ちゃんをなだめながら、
泣きそうなお母さんの姿を看護師はよく見ます。
そして、話を聞いていると、赤ちゃんが泣きやんで、
お母さんが涙を流すということは、よくある話です。

こんなとき、私は必ず、横に座って、
お母さんの背中や肩に手を置きながら、話を聞くのです。
これはとても、大事な仕事内容です。

「あの夜、本当に育てていけるのかと、不安に襲われていましたが、
ゆっくりと話をすることができて、少し落ち着きました。」
といった、お手紙を頂いたこともあります。

他の診療科では、日常生活援助や医療行為に多くの時間を費やすことが多いですが、
産婦人科では、横に座って、ゆっくりと話を聞く時間がとても大切。
これって、看護師として大事な仕事内容なだけでなく、とても魅力的な時間だと思いませんか?

産婦人科 看護師の仕事内容

産婦人科で看護師として働きはじめ、仕事内容にも慣れたころ、
「私は看護が提供できているのだろうか」と悩んだことがあります。
そんな思いを抱きながら、働き続けた中で、気付いたことがあります。

それは、
「共にいる」ことが大切だということ。

共にいるからこそ、お母さんの不安に気づくことができる、
お母さんに必要な援助に気づくことができる。
共にいるからこそ、
お母さんは自分の思いを表現することができる。


ここがとても重要な職場なのだと思った時、
今まで以上にこの仕事が楽しくなったのです。

仕事の分野を変えること。新しい分野にチャレンジすることは、
仕事内容がガラリと変わりますから、とっても不安ですよね。

でも、大丈夫です。
看護師求人サイトのコンサルタントに、
あなたの仕事内容に対する不安を相談してみてください。
その不安を解決するための情報があります。

そして、その不安を超える、喜びや楽しみが見つかります。
今以上の、楽しみややりがいのある
仕事内容の看護師 求人を見つけましょう!

Copyright(c) 産婦人科 看護師の求人 - 仕事内容・給料・やりがい・役割など All Rights Reserved.